ACTION

MESSAGE

情熱を持ち、積極的に考え、
アクションする人を望んでいます。

JA三井リース九州株式会社
代表取締役社長 柴田 稔

JA三井リース九州の魅力は何でしょうか?

1982年の設立以来、九州の地で事業展開し、支店網を背景に、お客様へきめ細かなサービスを心掛けています。
その中で、従来から続けてきたリース・ファイナンスに加え、お客様のニーズに応じたサービスや課題に対するソリューション(解決策)を求められることも増えています。
JA三井リースグループは、「JA系統」と「三井系・商社系」の特性を合わせ持ち、幅広いグループネットワークを持っており、食農・流通・環境エネルギー・ICT分野・海外・不動産・オート等幅広い専門性も持っています。 
こうしたグループが持つネットワークや専門性を背景とした良質な機能・サービスが提供できることは大きな強みであり、魅力だと思っています。
加えて、若いうちから一定のマーケットや重要な仕事も担っていただいていますので、「やりがい」という面でも魅力を感じてもらえるのではないかと考えています。

どのような人物を求めていますか?

情熱を持ち、積極的に考え、アクションする人です。

“変化の時代”と言われて久しいですが、変化の速度は速くなっているとも言われています。お客様が求めるものも変化しているということです。
お客様のニーズに応えるために『何とかしたい』といった気持ちを持って臨む中、新たなソリューション(解決策)で応えることが必要なこともあります。
またそのためには、グループ機能の活用やメーカー・サービス会社と連携する等「工夫」や「創造」を必要とすることもあります。
お客様をはじめとする社内外のコミュニケーション力も前提となりますが、強い気持ちを持って、何とかしようと考えアクションすることで、工夫や新しい経験につながる。その知識と経験は自身の「引き出し」を増やすことにつながり、自身の向上・成長の面でも「良い循環」となります。
会社を通じて社会に貢献し、個人も成長する。積極的に考える人、積極的にアクションする人を望んでいます。

最後に就職活動中の学生の皆さんへメッセージを!

私自身も経験しましたが、多くの業種・多くの会社の中から選択する、人生にも大きく関わる重要な岐路であると思います。
選択するにあたって、興味のある業種・職種において実際にその職に就いている人から生の声を聴くことをお勧めします。どんな業界・職種でもプラスとマイナスがあるものです。間接情報だけではなく生の情報も併せて選択、判断することをお勧めします。
少しリース会社のことをお話ししますと、メーカーや販売会社とは違い特定の「製品」を基本的に持っていません。このことは、お客様が求める「モノ・サービス・機能」を作ることができるとも考えられます。
例えばメーカーやサービス会社と連携して商品・サービスを構築したり、税制や会計上のメリットを享受できるようにリース契約の枠組みを構築するといったところです。クリエイティブな側面もありますので、“面白い業種”かもしれません。
いずれにせよ、一生の大事です。悩むところは動いて情報を取り払拭し、“ご自身で何が大切か”で決めることをお勧めします。頑張って下さい。

ページの先頭へ