JA三井リース九州株式会社 九州のビジネスをリースで総合的にサポート

お問い合わせ

JA三井リースグループ

  • 採用トップ採用トップ
  • メッセージメッセージ
  • ミッションミッション
  • 先輩の声先輩の声
  • 募集要領募集要領
  • 新卒新卒
  • 中途中途
先輩の声先輩の声

先輩の声

ソリューション営業部 兼 営業推進部
鈴木 克
2007年4月入社

現在の仕事内容は?

現在はクリニックの開業支援を中心として、医療機関向けに医療機器のリースや建物リースを行っています。
入社後は福岡市東部エリアの担当として幅広い業種の顧客向けに営業をしていましたが、その後3年間、親会社であるJA三井リース本社に出向し、医療の専門部署で業界知識や営業スキルを学びました。
福岡に戻ってからは出向で得たノウハウを活かしながら、現在の業務を担当しています。また、所属するソリューション営業部では、専門部署として他部署の案件サポートや全社で活用できる営業ツールの開発にも取り組んでいます。

一日のスケジュール

08:15出社
前日のニュースや気になる話題についてインターネットで情報収集
08:50スケジュール確認
当日のスケジュール確認、前日のメール返信
09:00アポイントの確認
訪問予定先へのアポイント電話
09:30打ち合わせ
他部署の営業マンと案件打合せ
11:00お客様を訪問
調剤薬局を訪問し不動産情報を提供。新規出店の予定地として検討してもらう
13:00打ち合わせ
現在進行中のクリニック開業案件について、ドクター、設計事務所、建築会社と打合せ。クリニックの床や壁紙の模様や色を決める。
16:00会社へ戻り打ち合わせ
会社に戻り、不動産会社と面談。賃料相場や不動産情報の交換を行う。
17:00資料作成
クリニック開業について、自治体に提出する資料作成を行う。
18:00資料作成
新たな開業案件について、ドクターや調剤薬局向けの提案書作成。
19:30退社
明日以降のスケジュールを確認して帰宅。

仕事でこだわっている部分は?

「リース会社の営業マン」だけで終わらないよう、顧客が抱える様々な課題解決のためのソリューション(解決策)の提供を行うようにしています。例えば、出店を希望している顧客には希望エリアの不動産情報を提供したり、経費の増加に悩んでいる顧客には空調や通信機器の入替えによる経費削減を提案したり、設備投資を考えている顧客には設備を販売する顧客を紹介したり。顧客から相談が無くても、顧客が抱える課題について自分なりに仮説を立てて解決策を提案してみることも心がけています。

今後の目標は?

現在担当している医療分野の取組みを充実させ、九州で「医療」といえば「JA三井リース九州」と言われるように存在感を高めたいです。ただし、当社単独で出来ることは限られていますので、医療に関わる企業(医療機器メーカー、医療機器販社、調剤薬局、建築会社等)とのパートナーシップを構築することで、顧客の幅広いニーズに応え、また顧客の期待を上回る提案が出来るようになりたいです。

審査部
吉岡 裕也
2011年入社

現在の仕事内容は?

入社時から4年間は営業部に所属していました。営業部では様々な業種のお客様にリースの提案を行っていました。
リースとはお客様が導入する情報機器・工場機械などを当社が代わりに購入し、お客様に賃貸するサービスです。お客様の投資情報やニーズをお聞きし、ご要望に即したリースのご提案、商談、契約を行っていました。
現在は審査部に所属しており主に案件審査(与信管理)の仕事を行っています。案件審査とは営業担当者が作成した申請書や取引先の財務諸表を見て経営状態の分析を行い、取組が適正か判断をしています。

一日のスケジュール

08:00出社
1日のスケジュール確認や資料の整理などをします。
09:00部内打ち合わせ
毎週月曜日は、週間の予定・部員の各自予定を共有するため部内で打ち合わせをします。
10:00営業部門と打ち合わせ
案件の取組方針について事前に打ち合わせ。取組が難しそうな案件や、注意が必要な案件など、案件取組を行う前に事前に打ち合わせをし、会社としてどのような対応をするかの協議をします。
12:00昼食
会社近辺のお店で昼食をとっています。
13:00案件を審査
営業担当者が作成した申請書・お客様の財務諸表等の資料をみながら、お客様がリース契約後リース期間中にリース料をお支払できるかどうかを審査部立場から見極めます。多い日には1日に何件も案件があがってくることがあるので、スピード感を意識して対応しています。
18:00営業担当者から案件相談
営業担当者から個別に案件について相談を受けることもあります。
18:30退社
次の日の予定を確認、書類の片づけをして退社します。

仕事でこだわっている部分は?

スピードと正確性にこだわっています。現在の審査部では営業から案件の申請書が回議されてきて、審査部で再度財務分析を行い、案件決裁後に営業部がお客様と契約という流れとなります。その中で審査部の案件審査に時間をかけすぎていては、営業担当者のスケジュール管理に悪影響を及ぼしたり、なによりお客様にご迷惑をお掛けすることになります。
また、限られた時間の中でお客様の財務内容の分析を正確に行わなくてはなりません。そのためには正確にお客様の実態を把握し、適切な判断を行う必要があります。審査部の立場では取引に対してどのようなリスクが考えられるか見極める必要があるため、日々勉強しています。

今後の目標は?

現在、審査部へ異動してから約半年が経ちました。営業部での経験をもとに、お客様の実態をイメージしながら、財務諸表分析を行っています。
しかし、まだまだ分からないこともたくさんあり、日々勉強をしながら業務に取り組んでいます。今後の目標として、現金融の知識をより深め、現在勉強中の資格を取得することです。

一般職/経営企画部
宮村 夏希
2009年入社

現在の仕事内容は?

入社してから2年半は営業アシスタントとして、契約書の作成や、決算書入力等の営業サポートを担当していました。
現在の経営企画部に配属になってからは約4年になります。経営企画部は経営計画や業務運営に関する企画、推進、統括等を行う部署です。
私は各種スキームの受付や管理、業績の集計に関する業務を担当しています。
また、経営企画部では定例業務以外の業務に携わることも多く、現在はホームページのリニューアルや支店の新規開設に関する業務に携わっています。
他部署と連携する業務も多いので、打合せでイメージの共有を図り、その後各自で根拠となる資料の作成・分析を行い、再度打合せと繰り返すことで詳細を決定していきます。

仕事でこだわっている部分は?

心がけていることは「誰が、いつ見ても分かる」仕事をすることです。
営業アシスタントは営業担当者とコンビで仕事をすることが多く、また複数の案件が並行して進行していくので、連絡事項の伝達漏れや確認ミスが起こらないように、確認事項を整理しながら、営業担当者やアシスタント同士で連携を取っていました。
経営企画部では資料作成自体は個人で行うことが多いのですが、作成した資料は他部署で使用されることも多いので、集計基準や注意事項が資料を見ただけで明確に分かるような資料作成を心がけています。

今後の目標は?

会社全体の経営に携わる部署であり、経営計画の根拠となるようなデータ集計・資料作成に携わることも多いので、業務を通じて幅広い知識を増やす機会に恵まれています。
これまでは依頼を受けて資料作成を行うことが多かったのですが、その中でもエリアや契約形態によるデータの特徴が見えること、自分の予想とデータの傾向が一致することに面白さを感じています。
今後は営業アシスタントやこれまでの業務の経験を活かして、自分なりにデータを分析し、自分なりの意見を発言していくことを目標としています。

サプライヤー営業部
長澤 昂平
2014年入社

現在の仕事内容は?

サプライヤー営業部ではクレーン、油圧ショベル等の建設機械関係の案件を中心に取り組んでおり、販売会社(サプライヤー)よりリース・割賦での機械導入を検討されているお客様を紹介して頂き、お客様のニーズに即したファイナンスを提案しています。
お客様のほとんどは地場中小企業であるため、数百万、数千万円もの設備投資は、お客様にとって大きなイベントであり、私達にとっても責任重大な仕事です。
また、金融サービスを提供する以上、回収リスクも存在します。入社後半年間は審査部に所属してましたので、案件取組時における財務分析には特に注力しています。

仕事でこだわっている部分は?

リースの仕事はサプライヤー・ユーザー間の商売を前提に成り立ってますので、この2社間のサポートに徹することを常に心がけています。
リースの営業では当社を含め3社以上が絡むケースがほとんどであり、取引各社が求める動きをしなければならないため、そういった面では、1対1で商談を進めていく仕事よりも、難しい仕事かもしれません。しかし、3社間の商談をスムーズに遂行できれば、多方面から評価を受けることができ、営業のチャンスは何倍にも広がる可能性があります。
3社が満足する形に案件を纏めあげることが、この仕事の難しい部分でもある反面、やりがいに繋がるものだと思っています。

今後の目標は?

私自身、営業マンとしては2年目であり、まだまだ経験も浅いです。
まずはリースの基本、王道を徹底的に染み込ませ、どのリース会社でも通用するリース営業マンになることが一つの目標です。
またリースの仕事を行う上では、法律、会計、税関係、保険等の幅広い知識の習得が必要不可欠です。
現在は、1年に1つ以上の資格取得を目標に自己啓発にも取り組んでますので、今後も継続させ、より多くの武器を持った営業マンになれるよう日々邁進しています。

採用情報