ACTION

INTERVIEW

先輩社員インタビュー

自分が関わって作ったものが活用され、
社内で役立っていることが嬉しい!

吉村2018年入社

入社を決めた理由は?

福岡育ちということもあり、大好きな九州の役に立つ仕事がしたいという気持ちを軸に就職活動を行いました。その中で、幅広い分野から地元企業の発展に貢献できるこの会社に興味を持ちました。決め手になったのは説明会や面談でどの会社よりも社員の方が親身になってくださったこと。先輩・後輩の距離が近く、一人ひとりの意見を尊重してもらえる社風を感じ、この人たちと一緒に働きたい、ここで自分も成長したいと思い、入社しました。

仕事でこだわっていること、やりがいや面白さは?

営業アシスタントや満了業務(リース契約満了時の事務手続きやシステム変更対応など)を経て、現在は業務管理部で営業部門の補助的業務を行っています。システムに関する営業部門からの問い合わせに対応したり、業務の効率化を検討したりと、営業部門の仕事がスムーズに進むようサポートするのが私の役割です。日頃からコミュニケーションをしっかりとり、改善できることはないか常に考えるようにしています。会社の運用整備や課題解決に関わる機会が多く、一から作り上げる難しさはありますが、自分が関わったものが社内で活用されるのはとてもやりがいを感じます。
以前、社内のシステム変更に伴う説明会で資料作成や説明を任され、「資料も説明も分かりやすかったよ」と言ってもらえたときは嬉しかったですね。自分の成長を感じ、自信につながりました。

これからの目標は?

幅広くいろんな経験をさせてもらえる会社で、日々、できることが増えていると実感しています。上司や先輩との会話の中にも仕事のヒントや新しい視点がたくさんあるので、学ぶ姿勢を大切に、積極的に吸収していきたいです。
結婚・出産や子育てを経て活躍している女性社員も多いので、自分の将来もイメージしやすいです。もっともっと知識と経験を増やし、尊敬する先輩のように私もまた後輩の目標となれる人材として成長していきたいと思います。

顧客と販売会社の問題解決の手助けをし、
地元企業に貢献したい。

谷口2018年入社

入社を決めた理由は?

地元・九州の経済に貢献できる会社で働きたいという思いで就職活動を行っていて、この会社に出会いました。最初は「リースの会社って何だろう?」と思っていたのですが(笑)、銀行のような金融機関ではなく、金融×商社のような側面があるところに興味を惹かれました。
現在はサプライヤー営業部で、主にトラックなどの輸送機器のサプライヤー(販売業者)に対する営業活動を行っています。

仕事でこだわっていること、やりがいや面白さは?

輸送機器を担当していますので、1台数千万円する大型トラックなどを取り扱うこともあります。金額が大きいだけに重圧もありますが、その分リースがうまくいくと喜びも大きいですね。事業のために必要な輸送機器をすぐにでも借りたいという顧客企業も多いため、この仕事はスピードが命。迅速かつ正確、誠実な業務を心がけています。常に念頭にあるのは、リースは顧客、販売会社、当社の3社間取り引きであるということ。顧客と販売者双方に喜んでいただけることを考え、さまざまな提案や調整を行うようにしています。
九州各地の企業がお客さまですので、出張でいろんな土地に行けるのも楽しみです。

これからの目標は?

以前、ある企業が初めての自社設備投資をリースで行った際、社長が納品される機械を見ながら感動の涙を流されたんです。こんな場面に立ち会えるなんて幸せな仕事だな、もっと多くの場面に立ち会っていきたいなと強く思いました。
今は取引先から頼りにされる営業マンを目指し、金融の知識や業界のことなど勉強を重ねています。顧客と販売会社の問題解決の手助けをし、地元企業に貢献するのが入社当時からの変わらない目標。今後さらに社内・外の人と深く関わり、視野を広めていきたいです。

地域の農業活性(農林水産業)の
一翼を担えるのがやりがい。
九州がもっと好きになる仕事。

皆川2019年入社

入社を決めた理由は?

学生時代に信販会社でアルバイト経験があり、オートリースやオートローンを担当していました。その関係で業界に馴染みがあったためリース業界に絞って就職活動をしました。決め手は温かい社風です。説明会から採用まで人事の方や先輩社員の皆さんが優しい人ばかりで、この会社で働きたいと思いました。実際に入社してからもその印象は変わることなく、社員同士の仲が良くとても働きやすい会社だと実感しています。

仕事でこだわっていること、やりがいや面白さは?

私が所属する農林水産第一部は、主に農業を営む個人や法人がお客さまです。トラクターや事務用品、生産ライン設備といった農業器具導入のサポートから、経営規模拡大、情報通信技術の活用まで、多彩なソリューション提案を行っています。初めましてのご挨拶からお付き合いが始まり、何度も足を運んで成約に至ったときは本当に嬉しいです。成約に至らない場合も、提案が実現に近づいているのを実感するとモチベーションが上がります。
農林水産第一部は福岡、大分、宮崎、沖縄エリアを担当していますが、どこに行ってもお客さまが本当に温かく迎えてくれます。九州の良さを実感してますます好きになる、それもこの仕事の魅力ですね。

これからの目標は?

自分の課題は金利の知識を増やすこと。学びの姿勢を忘れず、小さなことでも疑問点や不明点を一つひとつ明確にしていくよう心がけています。
目指すのはお客さまが何に悩んでいるかを的確に見極め、解決できる営業担当になること。当社は親会社であるJA三井リースの専門部署と連携し、幅広い提案を実現できるのも強みです。私たちがサポートすることで九州の農業が発展し、より豊かになれば、こんなに嬉しいことはありません。

可能性が魅力。
培った知識や人脈が
新たなビジネスにつながる。

溝手2016年入社

入社を決めた理由は?

前職でハウスメーカーでの注文住宅営業をしており、不動産のリース、ローンなど金融に関わる仕事をしてみたくて転職しました。地元に密着した企業で勤務地も地元・福岡であること、会社の雰囲気が良かったことも大きな理由です。
当社は異業種から転職して入社する社員が多く、個性豊かで幅広い知識を持つ人たちと交流できるのも魅力だと思います。いろんな業界・業種の話を聞けて刺激になりますし、仕事をする上でも役立ちます。

仕事でこだわっていること、やりがいや面白さは?

本店営業第一部では、県内の中小企業のお客さまに対し、さまざまなリース提案を行っています。食品、医療、運送…業種も多岐にわたりますから膨大な知識を身に付けなければなりません。業界の最新情報などお客さまから教えていただくことも多く、そこで得た知識が別の場面で役立つことも。コミュニケーションの蓄積が武器になるのは面白いですね。
以前、運送費用が高額で悩んでいるAという会社から相談を受けたことがあるんですが、そのとき、私の顧客のBという運送会社を紹介したんです。結果A社はコスト削減、B社は新規開拓となりました。顧客同士がつながり、新しいビジネスが生まれて双方win-winとなったこのできごとは大きな達成感がありました。さらに、これがきっかけでA社からも大きなリース契約を受注することができました。

これからの目標は?

営業担当にとって嬉しいのは、やはり担当顧客や銀行からお客さまを紹介していただけること。それだけ私を信頼してくださっているという証ですから。既存のお客さまとの取り引きはもちろん大切にしながら、新規顧客との取り引き開始件数もさらに増やしていきたいですね。
他の営業部門、管理部門等でも経験を重ね、将来的には後輩社員を指導・育成できる人材になれるよう、尽力していきたいと思います。

ページの先頭へ